オッサンのマカナイ

アクセスカウンタ

zoom RSS リヤカーと軽トラとケツの傷 〜痛々しい話

<<   作成日時 : 2009/01/30 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

あるお方のブログのイタズラから、ガキんころの自分を思い出した。
裏でワルさして、見っかったり、つかまったりする時にいないの。
おまけに勉強できるから先生に可愛がられて… と、今、小学校時代の
同級生と飲むとイジめられます。

そんなげんのう君、ある日神社で野球してた。で、野球に飽きた小学生、
そこいらに放置してあった、子供用の樹脂製の乗用の自動車のおもちゃを
見つけてきた。
足こぎで満足するガキどもちゃいますから、スピード求めます。それに乗って
次々と滑り台から「滑走」。最後は軽〜くジャンプ気味に着地です。

何度かやった後、げんのう君、滑走途中でなぜか失敗。滑り台でケツを痛打。
いててててぇ〜と凄い「打撲感」に、ケツを抑えながら飛び跳ねました。
その手に感じたのは、Gパンのカギ裂き。「あ〜、母ちゃんに怒られる。Gパン
破いたぁ〜」と言いながら、ン??
「パンツも破れちまったよ〜」ンン?
と手を見ると血ぃ、血ぃ出てる…。(>_<)
打ち身と思っていたのが実は…。

滑り台の滑走面(当時は木製)から木ネジが飛び出ていたのさ。
げんのう君のケツは、無残にもそのネジにかぎ裂きにされた次第。
今でも本当に傷(9針縫いました(^_^))が「V」字になってます。(;^_^A

そのときの小学生、慌てて近所の家に飛び込んで、なんとリヤカー借りて
来た!そこに乗せられて、リヤカーのお宅に。そのまま確か、軽トラックの荷台
に乗せられて病院連れてってもらった記憶が。
5歳年下の弟クンなんか、「兄ちゃん死んじゃう、兄ちゃん死んじゃう!」って。
なんて可愛いんだ、ほんとに。
それにしても、ウチの田舎にだって救急車あっただろうに、なんで軽トラだった
んだろうなぁ〜と今になって思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
痛すぎますっ
傷もリヤカーも軽トラもっ

いや〜、笑い話にするのが申し訳ないくらい
なんだけど…。やっぱり笑っちゃお

昔はけっこうザラに(?)あった話ですよね。
今時の子供だったらおかーさんが半狂乱で
神社を訴えたりするんだろーな。
カフェイン中毒
2009/01/30 18:31
滑り台の滑走面(当時は木製)???
木製ってあり???
年誤魔化してない??
うちの方は鉄製だよ。多分。
でも、痛そうだね。
後遺症はなかった。
お尻が大きくなったとか。
勝利のVやね。
良かったやん。
弟さん優しいんだね。
げんさんが、弟さんに優しかったん??
救急車ないほどど田舎か、昔は救急車は特別だったんだと思うよ。
ころころころころ
2009/01/31 12:42
中毒さん、ころCさん、こんばんは!
コメントありがとうございました。
中毒さん言う通り、今だったら、管理している自治体とかを訴訟でしょうねー。管理責任とか監督責任とかで。
実際、遊園地や公園からどんどん、遊具がなくなっていますもんね。色々考えさせられます。
ころCさん、ン〜、木製滑走面は、小生の記憶違いでしょうかねぇ。でも、ネジは確かに出てたんですよ〜。
で、「出る杭は打たれる」でなくて「出た釘に裂かれる」で、ケツ裂けちゃった。
救急車呼ぶ、なんて行為は、確かに特別だったかも、です。
げんのう
2009/02/02 22:21
痛いです〜。寒いです〜。
自分の子供に置き換えて考えてみたら
胸が痛いです。お父さんもお母さんも
心配されたでしょうね。
じなんの水いぼなんてまだまだ
かわいいものですよね。
ぴよ
2009/05/08 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
リヤカーと軽トラとケツの傷 〜痛々しい話 オッサンのマカナイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる