オッサンのマカナイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲コキました。

<<   作成日時 : 2010/10/13 06:32   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 16

「こく」とはどんな意味?

「こく」のは屁ぐらいしか知らんのだが…
(先日、ブロ友さんのクッキーさん「ヘーこきましたね」をリクエスト)

そういや、小学校の社会科で「千歯こき」って習ったような…。
「こく」は標準語なのかも。


で、先日、親父の実家で持ってる田んぼの「稲コキ」でして、普段まったく手伝ったことのない自分、珍しく手伝ってきた。
従兄弟(田んぼの所有者)からしたら、田植えも稲刈りも来ないのに、収穫(稲コキ)にゃ来るかい!って感じかも。

稲刈り:田んぼの稲を刈って、束ねる。
はぜかけ:刈った稲を干す。

稲コキ:標準語で言うところの脱穀であります。
    稲穂にくっついているお米を取り出します。
    まだ籾の状態です。
籾摺り(もみすり):籾からお米を取り出します。玄米の状態です。
精米:玄米を更に削って白米にします。



これが「はぜかけ」。
ググったら結構、広範囲で使われている言葉のようだ。
画像

これを機械(脱穀機?)にかけて、ワラと籾に分離します。これが「こく」だと思いますね。
ようくできた機械だこと。
機械とオペレーションは、知人の農家の方にお願いして来てもらってます。
画像

分離された籾は、脱穀機にかけられた米袋にどんどん貯まるので、それを運ぶのが自分の仕事。こんな感じ。
画像


分離されたワラを運びます。
23歳女子行員もお手伝い。偉い!!
画像


ワラも貴重な恵みですな。
画像



こんな感じで1時間ほどで1つの田んぼの「稲コキ」が完了。
もう1箇所の田んぼもやっつけて、本日の稲コキ終了。
今にも降り出しそうな天気だったが、なんとか午前中は降られずによかった、よかった。

自分、田んぼの手伝いなんて何年に一度しかしたことないので、本当の苦労は知らんのだが、今日はなかなか貴重な農作業体験だった。

ほんとに「♪わ〜ら〜にまみれてよ〜!」って歌いたくなる感じ。
クッキーさんとこにあった?「達者でな」を思い出したよ。


我が家のガレージに鎮座する米倉(こめぐら)。
冷蔵庫?みたいです。
画像

せかっくだからと、この日の夜はさっそくの新米をいただきました。
う〜ん、感慨ひとしお…。


ついでphoto。
収穫後のジャガイモ。
画像

庭の栗。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
田んぼの様子がよぉーわかって
楽しいですねー。
大阪と微妙に呼び名が違う事も
わかったし(笑)だてかけとはぜかけ
ね♪ふふ・・
こむたみ
2010/10/13 07:25
脱穀の穀だからコキなんですねー。屁しか思い浮かばないですよ。 へー、そうかー
和む写真ですねえ
シロイルカ
2010/10/13 15:21
タイトルみて吹きましたね!
やっぱそうだった(爆
TBありがとうございます♪
用語わかんないけど心意気わかります♪
わらに軽トラにジャガイモ!
トラクターはヤンマーだったかな〜?
農協の帽子とか。
茅野のじいちゃん思い出します(涙
そういや民謡教室、探すの忘れてた(笑
クッキー
2010/10/13 18:59
もう稲刈りの時期なんですね〜。
全くそういう農業体験したことないので、ちょっとだけ憧れです。ちょっとだけですけど(笑)
新米に新じゃが、美味しいでしょうね〜。
炊きたてのご飯の香りが薫ってきそうです。
むっちー
2010/10/13 19:08
幼い頃、学校から帰ると
稲刈りやハゼ掛けの手伝いさせられ
昔はみんな手作業でやってましたが、
最近は機械化で楽になったみたいですね。
そう言えば「稲コキ」って懐かしい響きだわ〜

ガレージの倉庫に一年分のお米が積まれ、
お手伝いされた甲斐がありましたね!
ロコ
2010/10/13 20:02
懐かし〜い♫この光景^^
実家近くは田んぼが多いので、良くこの時期田んぼで遊びましたよぉ〜
市内では田んぼありませんからねぇ…寂しいもんです(^^ゞ
su-chan
2010/10/13 22:08
こむたみさん、こんばんは。
田んぼ、やっぱ大阪と違いますか?
「だてかけ」言うんやねー。
こっちでも、「はぜかけ」するウチもあれば、太いチョンマゲみたくして地面に立てるウチもありますよ。
「稲コキ」とは言わんのでしょ〜?
げんのう
2010/10/15 23:27
シロイルカさん、こんばんは。
「穀」だから「こく」?
いや〜、違うと思うよ〜。
「こく」は動詞だし。
もしかしたら「過酷」の「酷」だったりして… (;^_^A
ですよね?「こく」って言やぁ「屁」しかないッスよねぇ?
げんのう
2010/10/15 23:27
クッキーさん、こんばんは。
吹かないの〜!
クッキーさんのウケ狙いちゃいますねん!
だって本当に稲、コキましてん。(;^_^A
またまた勝手にTBすみませんね。
毎度毎度、EXCUSEせずにTBしちゃってますが勘弁ね。
農協の帽子かぁ!ナイス!
ウチにもそんなんありますわ。
ウチ、農家ちゃうんで、一切、出荷してないんですけどね。
茅野のお宅ではまだ農業やらはってるんやろか?
自分の周りでも、農地放棄で休耕地が増えたりするのを見て、心が痛みます。
…民謡教室ってなんだっけ?(^人^)
げんのう
2010/10/15 23:27
むっちーさん、こんばんは。
そう、この辺りではほとんど稲刈り終了。
先日、上越(新潟)行ったんですけど、あちらはもっと早い感じしましたよ。
自分ちも農家でなく、田んぼ始めたのもここ10年くらいなので、自分には「農業体験」って感じなんです。
子どもの頃からず〜っとやってる(やらされてる)方よりかは、興味本位でやれてるかも。
新米… 水控えろって言ってるのにやっぱり柔らかく炊いちゃってガッカリでした。
げんのう
2010/10/15 23:27
ロコさん、こんばんは。
そうですかぁ、「稲コキ」懐かしい響きなのねー。(^_^)
自分らの同級生にも農家の子が多く、稲刈りだなんだと、手伝「わされ」て、大変そうでした。
でも、ああいう親の仕事を家族一緒になってやることって凄く大事で貴重だと思うんですよね。
今の子どもにはなくなってるし。
自分のような会社勤めしてたらあり得ないし。
そんなのも今の子ども達、社会が荒れる一因なのでは?と思っちゃいます。
うち、大家族なので、コメこれでも足りなくなっちゃうらしいです。
これ、江戸時代だったら何人扶持とかだったんだろ…???
げんのう
2010/10/15 23:28
su-chanさん、こんばんは。
そうそう!田んぼとかリンゴ畑って、子どもの遊び場だった。
春はレンゲとかでいっぱいだったりしてね。
都会も楽しいけど、こうした田舎も悪くない!ってようやく思えるようになってきた。
自分も歳とったんやな〜って痛感。
げんのう
2010/10/15 23:28
おおおおおつぁかれさまです〜!!
農業高校だったので、実習思い出しちゃいましたよ。次の日、腰は大丈夫でしたか??(笑)
tanike
2010/10/18 10:06
秋ですね〜
稲刈り作業ご苦労様でした いろんなものにマミレて でも 美味しいお米と対面してうれしかったでしょう〜
働いたかいがあるもんです
たくさんの人手を要する 秋の行事 温かい感じでいいですね

お疲れ様でした
gororiku
2010/10/19 21:57
tanikeさん、ここここここここここっんばんわ〜!
って何?それ!?(;^_^A
そうでしたかぁ、tanikeさん、農業実習してたんね〜?
今は全く!って感じですか?
ほんとに藁にまみれてよ〜って感じですよね?
おコメの有難さを知ることができたので、いい意味で農業実習になりました。
腰!?ダイジョブだぁ〜!鍛えてるし!?(・o・)
げんのう
2010/10/22 23:30
gororikuさん、こんばんは〜!
そうそう、そうですね〜。
普通にスーパーで買った米を食べるのと、少しでも手を貸した米では有り難味が違う。
こんな仕事を当たり前のようにやってきた昔の子どもって知らず知らずにある種の教育がされていたのかと思います。
gorosikuさんどう思います?
この日は、従兄弟の子どもが二人手伝ってましたが、わが子は3人とも部活などで不参加。
できる限りは腕ずくでも引っ張り出して、手伝わせなあかんわぁ〜と実感しております。
げんのう
2010/10/22 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲コキました。 オッサンのマカナイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる