オッサンのマカナイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 御神渡り(おみわたり)

<<   作成日時 : 2012/02/13 12:46   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 6

立春も過ぎたのに長野はまだまだ完全に真冬です。
そんな真冬に一族郎党挙げて諏訪湖畔のホテルに温泉旅行。
昨年秋に企画した「傘寿・喜寿お祝い旅行」がメンバー多忙によりこの日に延期となり、げんのう姉家族・弟家族が大集合。
一部都合の悪いメンバーを除いて15人の大所帯で両親の長寿?健康?を祝う温泉宴会となった。


翌日はささやかな諏訪観光。
先週の暖かさでせっかくの何年かぶりの御神渡りも融けちまうか!?と心配しておったのだが、ナ〜イス!
ほどよく?冷え込み、よく晴れ上がったいい日になった。


愛機を持ち出して、初体験の御神渡りを撮影。
4年ぶりにできたこの御神渡り。2月に入ってからの出現は30年ぶりだそうだ。
画像

結構、蛇行するんやね?
神様、千鳥足?んなバカな!!


アップも
画像

画像


八ヶ岳?をバックに
画像



諏訪湖のあと、ガラス博物館、諏訪大社をブラブラしてから、帰路に。
諏訪湖SAから諏訪湖を望む。

画像



これぞ信州?
久しぶりの珍味(ゲテモノ)ネタ。
画像




帰宅後姉から、あの頑固親父が孫からの贈り物に涙ぐんでたと聞いて、よかったな〜と幹事の自分も満足。

幹事様、一人くつろぐの図。
貴重PHOTO!初ヌード!ダルビッシュも真っ青!であります。
画像

一室5万近くもするような専用露天風呂付きの両親の部屋。
「こんなとこ寒くて入れねぇ!」言う父親のに代わりに、部屋飲みしてる間に入ってやった。
でもマジ寒っ!風呂ぬるっ!
この露天風呂のせいか、帰宅後、風邪気味で鼻水止まらねぇ。(>A<)






御神渡り(おみわたり)
おわたり(御渡)ともいう。長野県諏訪(すわ)湖に伝わる伝承。
冬季、湖面が全面氷結したあと、寒気のため収縮すると、割れ目を生ずる。
そこに下の水が上ってきて結氷するが、朝になって気温が上昇すると氷が膨張し、両側からこの割れ目を圧縮して、その部分の氷を持ち上げる。
この盛り上がった一大亀裂(きれつ)に沿って、諏訪大社の祭神が上社から下社に渡って行かれたと考え、御神渡りとよばれたのである。
またその亀裂の形から吉凶を占うようなことも行われた。諏訪湖の御神渡りの起日の記録はおよそ500年にわたって保存されており、気候変動の資料として世界的にも有名である。

YAHOO!百科事典より



諏訪湖の御神渡り こだわり情報
2006年(平成18年)の御神渡り信州最大の湖の諏訪湖は、毎年冬に全面結氷します。
年により、その氷の厚さが10cm以上になり、零下10℃程度の冷え込みが数日続くと、湖面の氷が大音響と共に山脈のように盛り上がる「御神渡り」が見られます。
これは、気温の上下に寄って氷が膨張と収縮を繰り返すことによって複雑なメカニズムで起きる自然現象なのですが、何年かに一度、最高50cmもの高さで湖岸から湖岸まで数kmに渡り「氷の道」ができる光景は不思議なものです。
諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへと渡る恋の道である、というロマンチックな言い伝えがあり、今も神官が御神渡りかどうかを認定する拝観式が行われます。
その時、湖面の割れ目の状態を見て、その年の天候や農作物の出来、世の中の吉凶までも占います。御神渡りが起きない年は「明けの海」と呼ばれます。
諏訪湖は、最近は温暖化のせいで冬でも全面結氷する日が減り、御神渡りも起こらない年が多くなっています。1990年以降に出現したのは、1991年・1997年・2003年・2004年・2006年・2008年・2012年です。場所は、諏訪湖の南東から北に2本、南西から東に1本の合計3本の「道」でせり上がることが多いようです。御神渡りと認定されない年や、御神渡りの前でも部分的なせりあがりが見られることがあります。
御神渡りは、北海道では屈斜路湖などでも起きますが、本州で本格的に見られるのは諏訪湖だけです。見学には防寒着を充分に着て、立ち入り禁止の湖上には立ち入らないようにしてください。

「信州とっておき情報」より)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェラガモ アウトレット
御神渡り(おみわたり) オッサンのマカナイ/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ アウトレット
2013/07/03 18:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
見ました―これニュースで!
自然てすごいですね―「御神渡り」とは先人は旨く名づけたものですね。
自然現象とは言え、こんな素敵な言い伝えがあるなんて・・・。
su-chan
2012/02/13 13:57
げんさん♡(。◠‿◠。)コンバンハ♪
御神渡り、ニュースで見た!見た!!
目の当りにしたら感動的だろうなぁ〜♪
恋の道(◡‿◡*)❤ナルホド 
ふっと小豆島のエンジェルロードを思い出したけど引き潮の現象だからチョット違うね(笑)
自然現象は素晴らしい♪
親孝行のげんさんも素晴らしいです。
露天風呂はやはり寒かったの?
温泉に入りた〜い
木の葉
2012/02/13 17:28
su-chanさん、早々コメントありがとうございます。
これ、やっぱ全国ニュース?
県内ニュースでは大々的に、という感じなのよ。
なんか御神渡りの言い伝えには、男女の神のラブリィな言い伝えもあるみたいなんですよ。
きっと恥ずかしくてモジモジしながら歩くから、真っ直ぐ行かないのでは?な〜んてガラにもないことを想像するのであります。
そして御神渡りに並ぶくらい神秘的な私の…。(-.-")凸??
げんのう
2012/02/14 23:44
木の葉ねえさん、コメントありがとう。
あ〜、やっぱ全国ニュースになってるのね?
田舎ではその辺りの「加減」がわかんねえ!(;^_^A
自分も県内にいながら、実物見たことなかったので、嬉しかったです。
昔の人が科学的に分析なんて無縁だから、いろいろ想像したんだろうな〜とか思います。
それにしても恋の道なんて、観光的にデキ過ぎちゃう?って逆に勘ぐっちゃったりして…。
小豆島のエンジェルロードは存じ上げないので、いつかそいつに「引き込まれ」てみた〜い\(^O^)/
露天風呂、厳冬下にあってはあまりに温かった。
翌朝の両親用に給湯の量をmaxにしといたら、GOOD!だったようです。よかった!よかった!
また姉さんとこにもおジャマさせていただきますね〜!
げんのう
2012/02/14 23:47
私もニュースで観ました〜。
おお、それをこんな身近なブロ友さんのお写真で拝見できるとは、ありがたき幸せ・・・(笑)
 お土産屋の珍味コーナー、まさに珍味コーナーですね。思わず笑っちゃいました!
 露天風呂は熱くないとしんどいですよね。風邪、治りました?
むっちー
2012/02/15 23:20
むっちーさん、おはようございます。
むっちーさんもご覧になられましたかぁ。
こっちは全国放送なのか、ローカルなのかもようわからんまま… (;^_^A
神様が歩いた、とか恋の道とか聞くと自然現象とはいえやっぱり有難い感じですよね〜。
珍味ってーか、こういうのを記事にするから「信州人のゲテモノ食い」とか言われちゃうんスよねー。(;^_^A
露天風呂〜風邪のおかげで追い込みトレも1週間ほど休み…。
ようやく完治したようなので、また走り出しました。ご心配ありがとうございます。
げんのう
2012/02/24 06:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
御神渡り(おみわたり) オッサンのマカナイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる