コンビニ弁当とゴミの山で考えるエコ

今日は仕事が溜まってて、昼の外食は断念。
コンビニランチとあいなりました。

フロア見ると、手弁当派もそれなりにいるけど、やはり独身者や単身赴任者はコンビニが多い。
ふとゴミ箱を見るとコンビニ弁当のゴミの山やん。
さすがに昼飯買うのにエコバッグ持ってくヤツいないから、一人一袋のゴミを排出。
う~ん、これは環境に悪いのう。
弁当パックにデザート、プラスチックのフォークにスプーン… とみんなゴミだもんなぁ。
工事現場の職人さんなんかにゃ、コンビニ必須だろうけど、このゴミの山見るとなんだか考えちまうなぁ。
おまけにコンビニの売れ残りや照明・空調なんて考えたら、頭痛いわ。
便利ってことばかり優先された今の世の中、どうなっちまうんだろうな。
画像

7-11って最初は本当に7時開店11時閉店だったよな。
それでも画期的ですっげ~ありがたかったよなぁ。
ガソリンスタンドだって、日曜祝日は地区内当番制だったわ。
今さらそんな風にはなれねーんだろうか。これって回顧趣味かぁ?ほんとじじぃだな。


そりゃそうと、手弁当派が、会社の給湯室で弁当箱洗うのはど~なんだ!?
汚れたままだと帰りの電車で臭ったりする??
カミさんに「洗って来てね!」とか言われてんのか… 自分には理解できねーのだが。

"コンビニ弁当とゴミの山で考えるエコ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント